山形で40年、地域ならではの気候風土や土地柄、
県民性にこだわって、公共建設や住宅建築を手がけてきた小野建設が、
女性スタッフを主役につくりあげた新しい住まいのブランド、
それが「花暖の家」。3つの暖かさで、
山形のご家族に、快適で安心なお住まいをお届けしてまいります。
家があたたかい

雪が多く湿度が高く、日照時間が短い。
そんな地域特性に合わせて、
まずは「家そのものの暖かさ」を
大切にしています。

人があたたかい

「住まいづくり」は一生の一大事。
ご相談からお引き渡しまで、
女性ならではのきめ細やかな対応を
させていただきます。

心があたたかい

住まいが完成しお引き渡しを終えた後でも、
安心して暮らしていただけるよう、
しっかりと事後のフォローまで
徹底いたします。

花暖の家が、生まれた理由。

たおやかな女性の感性が活きるあったかい家。それが、 私たちがお届けする「花暖の家」。「冬に寒くないことが、 最高の幸せなんです」。そんなお施主様の一言が、「花暖 の家」開発のきっかけでした。私たちが生きるこの地域は、 肌を刺すような寒さが3ヶ月以上も続きます。でも、短い夏の暑さだって相当なもの。この豊かな、しかし厳しくもある気候風土の中で、一年中快適に暮らしていただくために、私たちは持てるノウハウを注ぎ込みました。 それと、忘れてはならないのが、そこに暮らしているだけで心が沸き立つような華やかさ。ずっと楽しく、心地よく暮らしていただける住まいの誕生です。

家があたたかいこと。それがすべての基本。

北国である山形で「寒さ」ときちんと向き合い生きていく。そのために私たちは、高気密・高断熱構造を徹底させました。一般的なグラスウールと比較して格段の断熱性能を誇る、発泡ウレタンを断熱材として採用。また開口部には、遮熱と断熱の機能を発揮するアルミ複合サッシと「Low-E 複層ガラス」を採用しました。床下には断熱材を敷き詰めるとともに、常に空気が流通する構造を導入。あたたかさを保ちながらも湿気がこもらない、快適で健康的な生活空間を実現しています。シンプルモダンなインテリアに和のテイストを加える事で、視覚的・感覚的なあたたかさもお届けいたします。

100人100様の
「花暖の家」を
お届けします。

「花暖の家」の暖かさの秘密は、その高機密・高断熱構造にあります。たとえば、断熱材。一般的なグラスウールの代わりに、発泡ウレタンの断熱材を使用しています。 開口部においてはアルミ複合サッシとLow-E複層ガラスを採用。寒さを防ぐとともに夏の紫外線や暑さまでシャットアウトし、一年中心地よい空間をご提供いたします。床下には断熱材を敷き詰めるとともに空気が流通する仕組みを取り入れ、湿気がこもらず腐食を防ぐ構造としています。 設計上の工夫では廊下と部屋を区切らずに、リビングを大空間としてご家族同士のあたたかなコミュニケーションを創出できるようにしています。 山形県民の性格として、あまり物事をはっきりおっしゃらない方が多いので、花暖の家の女性スタッフが、なんでも言っていただける環境づくりに一役買いたいと思います。お客さまのご要望を反映させた「100人100様の住まい」をお届けしていきたいですね。

上長 金平 謙司

人があたたかい。
それも「花暖の家」。

「真面目」「誠実」と称される山形県民。その一方で、打ち解けるまでには少々時間がかかると言われています。だからこそ、ご家族の思いに寄り添い、ご要望やご希望をしっかりと伺いながら、理想を結実させたいと思います。 「はじめまして」からお引き渡しまで、私たちは少しだけ、他の住宅メーカーさんよりも時間がかかるかも知れません。でも、そのぶんしっかりとみなさまの「わがまま」にもお付き合いいたします。 また、お客さまと私たち、そして現場で働く大工さんなど、スタッフのひとりひとりが「夢をカタチにしていくチーム」だと考えています。ご相談のとき、そして現場でも、お客さまの「内なる声」に耳を傾け、チーム一丸となって、あったかく対応いたします。

「花暖の家」は、
奥様のご要望を
ギュッと凝縮した
住まいです。

マイホームにいちばん長い時間いらっしゃるのは、やっぱり奥様ですから、奥様にとって心地よく、使いやすい住まいを実現したいと考えています。 山形の寒い冬をあたたかく過ごせることはもちろん、インテリアにも天然木を使用したり、視覚的なあたたかさにも気を配っています。また、生活しているとどんどんモノが増えるというお悩みも多く、収納スペースを上手確保する等の工夫も盛り込んでいきたいと考えています。 ご相談からお引き渡しまで、ご納得いただけるまで何度も打ち合せを重ねるのですが、一回一回の打ち合せを大切に、できるだけ多くのご要望を取り入れていけるよう心がけています。完成してから「相談して良かった」と行っていただけると心から「担当してよかった」と感じます。

現場代理人 渡辺 由佳

心があたたかいから、
一生涯の
良いおつきあい。

「家」は、建てるだけであれば、数ヶ月間でできあがります。しかし、お客さまにとっては、完成してからが「本番」。 これから、何十年と住み続けていく中で、家族構成が変化したり、リフォームの必要が生じたりと、様々な対処が必要となります。それらの多くは、プロの手を借りないと出来ないものばかり…。 そこで問われるのがアフターサービスですが、私たち小野建設では施行協力会社でつくる「欅木会(けやきかい)」の皆さまと共に行っております。私たちはここ山形で、40年以上に渡って小学校や公民館などの公共性の高い建築を手がけてきました。このような背景から施工管理・品質管理はもちろん、アフターフォローの品質にも絶対の自信を持っております。 この大地にしっかりと根をはるケヤキのように、地域の皆様が、心あたたまるような住まいづくりを徹底し、一生涯のおつきあいをさせていただきたいと考えています。
ぜひ、住まいのパートナーとして、私たちをお選びください。そして、じっくり、お付き合いください。

小野建設株式会社 〒990-2484 山形県山形市篭田1-6-7 TEL:023-645-1818 FAX:023-643-5889
※当サイトに掲載されているデータの無断転載を禁止します。 (C)ONO-KENSETSU